2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005


無断転載禁止


2017

 [**] 吉川満: 「ゲーム理論で社会をより良くする!」 『大和大学オープンキャンパス 2017 模擬講義』 2017年6月24日. 【Slide】
 [**] KIKKAWA, Mitsuru: 「Ex-post Evaluation of Competitive Pressure from Imports in the Review of Business Combination」 『Asia-Pacific Economic Cooperation (APEC) WORKSHOP ON ECONOMICS OF COMPETITION POLICY CPLG 02 2016A (Nha Trang city, Vietnam)』 2017年2月23日. 【Slide】


2016


2015

 [**] 吉川満: 「特許利活用で地元を元気にする!」 『地方創生☆政策アイデアコンテスト2015』 2015年11月11日. 【Slide】
 [**] 吉川満(企画・運営・実施等): 「まちなか探検隊 in 徳島」 『とくしまICTバザールVol.1』 2015年11月8日.
 [**] 吉川満: 「徳島県での取り組み(中間報告)」 『アーバンデータチャレンジは地域創生に貢献できるか?~地域20拠点、一挙中間報告! (東京大学空間情報科学研究センター 次世代社会基盤情報寄付研究部門 第12回公開シンポジウム・アーバンデータチャレンジ2015)』 2015年9月29日. 【Slide】
 [**] 吉川満: 「地方創生に係る県内の現状分析について」 『平成27年度第1回徳島県景気動向協議会 (徳島県)』 2015年8月21日. 【Slide】
 [**] 吉川満: 「徳島県におけるオープンデータ推進の取組について」 『地域オープンデータ推進会議 (中国総合通信局)』 2015年7月30日. 【Abstract】
 [**] 吉川満: 「徳島県におけるオープンデータ推進の取組について」 『地域情報化広域セミナー2015in愛媛 (四国総合通信局)』 2015年7月8日. 【Abstract】
 [**] 吉川満: 「徳島県におけるオープンデータ推進の取組」 『地方におけるオープンデータ活用の仕組みから実践まで(自治体ICT活用セミナー) in 浜松市』 2015年5月22日. 【Slide】


2014

 [**] 吉川満: 「徳島県オープンデータ推進中」 『四国クラウドお遍路 2014』 2014年10月4日. 【Slide】
 [**] 吉川満: 「徳島県での取り組み(中間報告)」 『地域の課題解決・魅力創出に対してUDC2014はどのように貢献できるのか? ~地域拠点の中間報告&自治体担当者によるトークバトル!~ (東京大学空間情報科学研究センター 「次世代社会基盤情報」寄付研究部門 第9回公開シンポジウム・アーバンデータチャレンジ2014)』 2014年9月30日. 【Slide】
 [**] 吉川満: 「徳島県における景気動向指数の開発とその利活用」 『マクロモデル研究会(2014年度)』 2014年9月13日. 【Slide】
 [**] 吉川満: 「消費税増税の県内経済への影響について」 『平成26年度第1回徳島県景気動向協議会 (徳島県)』 2014年8月27日. 【Slide】


2013


2012

 [50] 吉川満: 「私設取引システムの市場特性」 『明治大学GCOE 若手PJ(2011年度)研究成果発表』 2012年3月. 【Poster(A4縮小版)】
 [49] KIKKAWA, Mitsuru: 「Limit Order Market Modeling with Double Auction」 『Young Researchers Workshop on Finance 2012 (The University of Tokyo)』, 2012年3月9日. 【Abstract】, 【Slide】
 [48] 吉川満: 「私設取引システムの市場特性について」 『MIMSカフェセミナー(明治大学大学院先端数理科学研究科)』, 2012年3月7日. 【Abstract】, 【Slide】
 [47] KIKKAWA, Mitsuru: 「Evolutionary Game Theory and its Application to Modeling of Economic Behavior」 『明治大学大学院先端数理科学研究科』 2012年2月10日(金).


2011

 [46] 吉川満: 「実用化のための経済理論の開発」 『身の回りの現象を数理の目で見ると! ―現象数理学の新展開― (明治大学生田図書館Gallery ZERO』 2011年11月17日(木)~28日(月). 【Poster(A4縮小版)】, 【Poster2(A4縮小版)】
 [45] KIKKAWA, Mitsuru: 「Empirical Evidence for Evolutionary Game Theory : to connect with observable phenomena」 『MIMS現象数理学ポスターセッション (先端数理科学研究科開設記念シンポジウム)』, 2011年10月4日. 【Poster(A4縮小版)】
 [44] 吉川満: 「実用化のための理論の開発」 『大学院研究科合同説明会(明治大学)』, 2011年5月21日. 【Poster(A4縮小版)】
 [43] KIKKAWA, Mitsuru: 「Empirical Nash Equilibrium and its Applications」 『The 2nd Japan-Taiwan Joint Workshop for Graduate Students in Applied Mathematics』, 2011年2月26日. 【Slide】, 【Photo】

2010

 [42] 吉川満: 「板情報に着目した市場モデル:進化ゲーム理論」 『 第3回現象数理若手ミニシンポジウム「ファイナンスと現象数理学」(明治大学, Organized by Mitsuru KIKKAWA)』, 2010年11月22日. 【Poster】, 【Abstract】, 【Slide】, 【Movie-1】, 【Movie-2】, 【Access Map】, 【Lunch Map】
 [41] 吉川満: 「板情報に着目した市場モデル:進化ゲーム理論」 『 第6回「複雑系現象の時系列解析6」 -経済・数論・物理現象-(明治大学)』, 2010年5月20日. 【Slide】, 【Movie】
 [40] 吉川満: 「Cournot市場から始めるゲーム理論入門」 『 Mathematical Ecology & Evolution Seminar (Meiji Univ.)』, 2010年4月27日. 【Handout】, 【Slide】
 [39] 吉川満: 「進化ゲーム理論入門, 1-2-3」 『 Mathematical Ecology & Evolution Seminar (Meiji Univ.)』, 2010年4月20日. 【Handout】, 【Slide】
 [38] 吉川満: 「実証分析のための進化ゲーム理論 (Evolutionary Game Theory for Empirical Evidence)」 『 第89回 知識ベースシステム研究会 (SIG-KBS) (キャンパス・イノベーションセンター東京)』, 2010年3月29, 30日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [37] 吉川満: 「進化ゲーム理論を用いた金融市場モデル : 板情報 (Financial Market Model with Evolutionary Game Theory : Order Book)」 『 第14回 進化経済学会 大阪大会(四天王寺大学)』, 2010年3月27日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [36] KIKKAWA, Mitsuru: 「Evolutionary Game Theory for Empirical Evidence」 『Japan-Taiwan Joint Workshop for Graduate Students in Applied Mathematics』, 2010年2月28日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [35] KIKKAWA, Mitsuru: 「An Introduction to Evolutionary Game Theory: To Understand the Complex Phenomena」 『 第6回数学総合若手研究集会(北海道大学)』, 2010年2月16日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [34] 吉川満: 「板情報に着目した市場モデル:進化ゲーム理論」 『 第4回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会(SIG-FIN)』, 2010年1月23日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Paper】, 【Photo】

2009

 [33] KIKKAWA, Mitsuru: 「Option Market Analysis with Evolutionary Game Theory」 『RIMS Workshop on Financial Modeling and Analysis』, 2009年11月26日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [32] KIKKAWA, Mitsuru: 「Option Market Analysis with Evolutionary Game Theory」 『 MEE Seminar (Meiji Univ.)』, 2009年10月13日. 【Abstract】 【Slide】, 【Photo】
 [31] 吉川満: 「進化ゲーム理論入門 - 複雑現象理解のために -」 『 N.L.P.M サマーセミナー(Summer Seminar)』, 2009年9月21日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [30] 吉川満: 「進化ゲーム理論を用いたオプション市場分析 (Option Market Analysis with Evolutionary Game Theory)」 『 第3回 人工知能学会 ファイナンスにおける人工知能応用研究会(SIG-FIN)』, 2009年9月12日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Paper】, 【Photo】
 [29] 吉川満: 「進化ゲーム理論を用いたオプション市場の分析 (Option Market Analysis with Evolutionary Game Theory)」 『 経済物理学 2009 : ミクロとマクロの架け橋 (京都大学基礎物理学研究所)』, 2009年9月8日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [28] 吉川満: 「完全記憶がある確率的進化ゲーム理論」 『 2009年度日本経済学会春季大会(京都大学)』, 2009年6月6日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [27] 吉川満: 「進化ゲーム理論における共進化と多様性 - 確率的環境の場合」 『 第13回進化経済学会岡山大会』, 2009年3月29日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Paper】, 【Photo】
 [26] 吉川満: 「進化ゲーム理論から見たファイナンス理論」 『 経済学ワークショップ(関学会館光の間)』, 2009年3月10日. 【Slide】, 【Photo】
 [25] 吉川満: 「進化ゲーム理論における共進化と多様性 - 確率的環境の場合」 『 一橋ゲーム理論ワークショップ 2009』, 2009年3月6日. 【Slide】, 【Photo】
 [24] KIKKAWA, Mitsuru : ''The Strategic Pricing of Options : Black-Sholes Equation,'' 『 第5回数学総合若手研究集会』, 2009年3月5日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Technical Report】, 【Photo】
 [23] 吉川満: 「進化ゲーム理論における共進化と多様性 - 確率的環境の場合(Coevolutionary and Diversity in Evolutionary Game Theory : Random Environment)」 『 第5回生物数学の理論と応用(京都大学数理解析研究所)』, 2009年1月16日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Paper】, 【Photo】

2008

 [22] 吉川満: 「Statistical Mechanics of Games ― Evolutionary Game Theory ―」 『 2008年度 京都数理解析研究所研究集会『経済の数理解析』(京大会館)』, 2008年11月28日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [21] 吉川満: 「確率過程としての時間発展的なゲーム理論(Evolving game theories as stochastic process)」『 第18回日本数理生物学会大会(同志社大学)』, 2008年9月17日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [20] 吉川満: 「完全記憶がある確率的進化ゲーム理論(Stochastic Evolutionary Game Theory with Perfect Recall)」 『 第14回 DC コンファレンス(近畿大学経済学部)』, 2008年9月13日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Full Paper】, 【Photo】
 [19] 吉川満: 「確率過程としての時間発展的なゲーム理論」 『 2008年度 夏季研究会(関西学院大学大学院経済学研究科研究会)』, 2008年9月5日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [18] 吉川満: 「統計力学を用いた進化ゲーム理論」 『日本経済学会2008年度春季大会(東北大学)』, 2008年5月31日, 6月1日. 【Abstract】 【Poster(A4縮小版)】, 【Posterの作り方】, 【Photo】
 [17] 吉川満: 「空間構造がある進化ゲーム理論」 『第12回進化経済学会(鹿児島国際大学)』, 2008年3月23日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Photo】
 [16] 吉川満: 「空間構造がある進化ゲーム理論」 『2008年度京都大学ゲーム理論ワークショップ(京都大学)』, 2008年3月6日. 【Slide】
 [15] 吉川満: 「進化ゲーム理論の数理」 『第4回数学総合若手研究集会 - 他分野との学際的交流を目指して - (北海道大学)』, 2008年2月13日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Full Paper】, 【Photo】

2007

 [14] 吉川満: 「統計力学を用いた進化ゲーム理論」 『経済物理学III(京都大学基礎物理学研究所 後期研究集会)』, 2007年12月25日. 【Abstract】, 【Slide】
 [13] 吉川満: 「統計力学を用いた進化ゲーム理論」 『第4回生物数学の理論と応用(京都大学数理解析研究所)』, 2007年11月2日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Full Paper】
 [12] 吉川満: 「時間遅れがあるReplicator方程式」 『日本経済学会2007年度秋季大会(日本大学経済学部)』, 2007年9月24日. 【Abstract】, 【Slide】
 [11] 吉川満: 「共有資源のゲームにおけるノイズの効果」 『第13回DC コンファレンス(日本大学大学院総合科学研究科)』, 2007年9月22日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Full Paper】
 [10] 吉川満: 「統計力学を用いた進化ゲーム理論」 『2007年度 夏季研究会(関西学院大学大学院経済学研究科研究会)』, 2007年9月1日. 【Abstract】, 【Slide】, 【Full Paper】, 【Photo】
 [9] 浦田道夫, 加藤直人, 坂戸克匡, 吉川満: 「季節型を考慮した個体群動態」 『新しい生物数学の研究交流プロジェクト 2007(京都大学数理解析研究所)』, 2007年8月31日.
 [8] 吉川満, 松岡功, 登坂千壽: 「タイムスケールの違いが個体群動態に及ぼす影響」 『新しい生物数学の研究交流プロジェクト 2007(京都大学数理解析研究所)』, 2007年8月27日【招待講演】.
 [7] 吉川満: 「非対称2人ゲームにおける漸近安定な均衡の自発的生成とその変化」 『第11回進化経済学会(京都大学)』, 2007年3月24日. 【Slide】

2006

 [6] 吉川満, 松岡功, 登坂千壽: 「タイムスケールの違いが個体群動態に及ぼす影響」 『新しい生物数学の研究交流プロジェクト 2006(京都大学数理解析研究所)』, 2006年12月15日.
 [5] 河野正道, 吉川満: 「Pareto Improving Transfer in International Trade」 『日本地域学会 第43回(千葉商科大学)』, 2006年10月8日.
 [4] 吉川満: 「共有資源のゲームにおける制度の自発的生成とその変化」 『2006年度 夏季研究会(関西学院大学大学院経済学研究科研究会)』, 2006年9月1日. 【Slide】, 【Photo】
 [3] Kawano, Masamichi and KIKKAWA, Mitsuru: 「Pareto Improving Transfers in International Trade under Imperfect Competition」 『Regions on a Global Platform, 9th PRESCO Summer Institute』,(Chairperson and Discussant), 2006年7月20日.
 [2] 吉川満: 「Pareto Improving Transfers in International Trade under Imperfect Competition」 『関西学院大学大学院経済学研究科拡大ワークショップ(関西学院大学大学院経済学研究科研究会)』, 2006年6月23日. 【Photo】

2005

 [1] 吉川満: 「コーディネーション問題としての経済成長」 『2005年度 夏季研究会(関西学院大学大学院経済学研究科研究会)』, 2005年8月31日. 【Photo】